他では味わえない?離島の旅のメリット

石垣島は本島よりも暖かい

沖縄県とは、一番北のほうに沖縄本島があり、台湾に近い本島の南西部に主な離島が存在しています。そして、離島の中では宮古島と石垣島が特に人気ですが、宮古島よりさらに南にある石垣島は、沖縄本島より年間平均気温が2度くらい高い気候となっています。冬季においてはこの2度の差というのはだいぶ大きいもので、離島の良いところは同じ県内でもだいぶ気候が違う場合があるという点です。例えば冬場に寒さから逃れるために沖縄のどこかの島に行きたい場合、本島ではなく石垣島に来たほうが、寒い地域との違いを明確に感じられるのでおすすめです。逆に夏でも気温が30度前後にしかならない地域に住んでいて、思いっきり日本の夏の暑さを体感してみたい場合も、本島に行くより石垣島のほうがより暑い夏を体感できます。

離島は混雑していない

沖縄本島というのは、島というよりも面積が広いため「小さな大陸」のようなところがあり、特に那覇市の中心部は近年では、相当開発が進んでいて都会的な雰囲気があります。その中でも、お土産を買ったり飲食する観光客で賑わう那覇国際通りあたりは夏に沖縄観光のピーク時にはだいぶ混雑しますし、有名なビーチも人でいっぱいになります。しかし、石垣島は人気はあるものの本島と比べるとだいぶ小さな島のため、そんなに混雑するような場所はたくさんありません。そして、どうしてもビーチの混雑などが気になる場合は石垣島からしか行けない、西表島などの近隣の離島に行けば、本島のビーチの雰囲気とはまったく違う落ち着いた環境下で海水浴などを楽しめます。